ブログ

2020夏 レンゲショウマ

先日、お弟子さんのお宅へ出稽古に伺った。梅雨明け間近の、時折強い雨風の日。

「先生がお見えになる日には間に合わなかったかな」と言いながら、ご主人がテラスをのぞく。

「あ、咲いている」

なんと、今年初の一輪のレンゲショウマ。

レンゲショウマは、朝川会のマークの花。私が山登りに熱中していた頃の憧れの花で、鳳凰三山の登山口で、初めて出会った。

木漏れ日がちらちら光る薄暗い林の中に、ゆらゆらと揺れながら、一面に咲いていたレンゲショウマ。図鑑で見るよりも、ずっとずっと素敵だった。

いつか自分のお印を作るようなことがあれば、絶対この花にしよう。そう思った。

このお弟子さんから、昨年、レンゲショウマの鉢をいただいた。我が家は、まだ蕾だ。でも、たくさんついている。

これから、順々に咲いてくれるのだろう。 レンゲショウマのある夏。幸せだ。

2020-07-30 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

「文化応援!にいがた結プロジェクト」ありがとうございました

「文化応援!にいがた結プロジェクト」では、皆様の暖かいご支援を賜り、どうもありがとうございます。心から御礼申し上げます。

皆様のご支援を力に、今後とも精進してまいります。

また感染者が増え始め、まだまだ油断ができない状況ですが、youtubeでの演奏配信など、今できる活動を続け、落ち着きましたら、また、ライブ等で皆様にお目にかかる日を楽しみにしております。

コロナ禍に加え、大雨による被害が全国でおき、心を痛める日々が続いております。

災害にあわれた皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

どうぞ皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。

2020-07-15 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

ピーマンとカマキリ

夕食の材料にと、畑からピーマンをもいできた。さて、とピーマンをひょいと持ち上げると、ピーマンの肩に、小さな小さなカマキリが。

オヤオヤと見つめたら、両方のカマを上げ、必死に上下に振っている。

「逃げ出したい。逃げる場所もない。ここはどこ?」

はいはい。私は、カマキリは取って食いません。

庭のツツジの上に、ピーマンをそっと置いたら、あわててツツジの木に移動して行った。一件落着。

今日も雨が強いけど、庭のどこかで無事にいますように。

カマキリの写真は、撮れなかった

2020-07-14 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

6月もあとわずか

雨が降ってきた。いよいよ新潟も、本格的な雨のシーズンに入りそう。

庭の紫陽花は、それぞれに色づく。アマチャ、ガクアジサイ、アジサイ、それぞれに美しい。昼の猛暑に、ぐったりしていたが、夕方からの雨で、元気を吹き返しそう。やっぱりアジサイには、雨が似合う。

いよいよ6月も後少し。

「文化応援!にいがた結プロジェクト」クラウドファンディングも、6月30日で終了です。

参加しているアーティスト等の方々が、「新潟文化物語」You Tubeチャンネルで動画を公開しています。様々な活動をしていらっしゃる方々が、こんなに沢山いらっしゃるんだと、楽しく、また力づけられて、拝見しました。

新潟の力!すごいです。動画は、6月30日まで、順次追加されます。皆さんも、ぜひご覧くださいませ!

「新潟文化物語」YouTubeチャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCO8z0QM-xWeatAMJbLfxixQ

2020-06-24 | Posted in お知らせ, ブログComments Closed 

 

「文化応援!にいがた結プロジェクト」に参加しました

皆様、お変わりございませんでしょうか。緊急事態宣言が解除されたとはいえ、第二波、第三波の心配など、まだまだ落ち着かない日々が続いております。

コロナウイルスの影響で、4月に新潟で、7月に東京で予定していた端唄三味線ライブ「糸むすび」が、中止となりました。

今は、この状況がはやく収まることを祈るとともに、ライブ再開へ向け、YouTubeで演奏の配信をしております。

この度、「文化応援!にいがた結プロジェクト」に参加いたしました。

新潟で活動している、様々なジャンルの方々が参加しています。

皆様、応援どうぞよろしくお願いいたします。

https://www.niigata-bunka.jp/musubuproject-list/

「文化応援!にいがた結プロジェクト」とは、

クラウドファンディングサービス「にいがた、いっぽ」(新潟日報社)を活用し、飲食店等、旅館・ホテル、文化・スポーツ団体等、極めて厳しい環境にある事業者と支援していただける県民の皆様を「結ぶ」プロジェクトです。

2020-06-05 | Posted in お知らせ, ブログComments Closed 

 

2020年の赤いバラ

連休、夏野菜の苗を買いに行った時に、ぱっと目に飛び込んできた赤いバラの木。

お稽古もすべて中止になり、自粛疲れの体に、火をともされたような気分。

母も一目で気に入り、買って帰った。

庭の真ん中に女王様のように植えた。どこからでも、すぐに目に入る赤い色。まるで庭の太陽。

「あれは、あのコロナで一番大変だった時に、植えたんだよね」と、言う日がいつか来る。

どこにも行かず、ひたすら庭仕事に精を出した5月の連休。

赤いバラと共に過ごした初夏の日々。

2020-05-12 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

わたしはヘムレン?

児童文学好きである。

ここのところ、時間ができたので、ムーミン全集を読み返すことにした。

この物語は、子供時代の私の大事な栄養だった。

なつかしい話がたくさん。

公園を管理しているヘムレンさんが立てた「べからず」ばかりの立て札を引っこ抜くスナフキン。「しちゃだめ」「しなさい」ばかりの教育熱心なヘムレンから逃げ出すムーミンパパ。おそろしく明るく前向きで皆に楽しいことを教えたいヘムレンが、どうしても好きになれないと悩むムーミン。

それらは、皆わたしの大好きな人たち。

世話好きなヘムレンおばさんが、「これから、あんたたちのせわをやきます」と宣言するのに対して、ムーミンたちは声をそろえて「いいよ、そんなことしてくれなくても」とさけぶとこ。好きだった。

何冊か読み進むうちに、気が付いた。

わたしは、ちょっと、ヘムレンになっていないかしら?

「そうすべき」とか、「こうあるべき」とか考えて、世の中や、周りの人に、何か思ったり、腹を立てたり、そしていらない世話をやいていなかったかしら?

そして、何よりも自分に対して、ヘムレンになっていなかったかしら?

心の底で、「いいよ、そんなことしてくれなくても」と叫ぶ声が聞こえないふりをして、楽しそうにその声の頭を押さえて、「そうそう。そうしましょう」などと言って、その声の主を引きずっていかなかったかしら?

ヘムレンは正しい、間違ったことは言っていない、でもヘムレンはちょっと窮屈。

収集癖のヘムレンさんはムーミン屋敷に一緒に住んでいる。ムーミン屋敷は、それぞれ好きなことをしながら、それぞれをちょっとだけ気にして楽しく暮らしている。

さあ、今日は続きを読もう。

2020-04-28 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

YouTubeで端唄演奏を始めました

コロナの終息は、まだまだ見えず、皆様自粛の毎日を送っていることと思います。

最前線で戦っている医療機関の皆様の献身的な努力を思うと、本当に頭が下がります。

今は、外出をできるだけ控え、一日も早い収束を祈るばかりです。

この度、端唄演奏の配信をYouTubeで始めました。聞いていただければうれしいです。

また、ライブ、お稽古等で皆様にお会いできる日を、楽しみに待っています。

皆様、くれぐれもお身体お気をつけください。

YouTube

「端唄 朝川玲伎」で検索してください。

「梅は咲いたか」

2020-04-22 | Posted in ブログ, 邦楽Comments Closed 

 

春の黄昏 2020

地元の桜が満開。母と散歩。

近くの川の土手沿いに、桜が咲いている。見事だ。

今年は、ちらほら散歩している人がいる程度。人は少ない。

道端には、つくし。

春の夕暮れは、桜色。

こんなにも穏やかな黄昏。自然はいつも通りなのに。

一日も早く、普通の生活に戻れるように、祈るばかり。

2020-04-09 | Posted in つれづれ, ブログComments Closed 

 

大きな木蓮の木

庭の中で、とりわけ好きな木がある。

それは大きな木蓮の木だ。

大きな木蓮の木の下に行くと、それだけで、心が落ち着いて、なんだかうれしくなる。

木蓮の木は、私の大きな友だち。

私は一年中、大きな木蓮の木の下に立っては、幹を触り、空を見上げる。

春の花、夏の青葉、秋の黄葉、冬の枝。

中でも春が一番好きだ。

ついに、今日、満開になった。

満開の木を下から見上げるのは、春の一番の楽しみ。

木蓮の花は、かすかなすがすがしい香りがする。

一つ大きな深呼吸。木蓮とわたしの春。

2020-04-03 | Posted in ブログ, 自然Comments Closed 

 

1 2 3 4 5 38